吹奏楽情報サイトWind Band Pressの裏話

吹奏楽・管打楽器の情報サイトWind Band Pressの編集長、梅本がたまに裏話なんかを書くブログ。

企画して準備して実行するわけですけれど

f:id:windbandpress:20161122112328j:plain

 

こんにちは。

Wind Band Press梅本です。

 

今日からまた新しい企画が公開になりました。

プロジェクトネーム

「時期とか関係なく話を聞きたい人にインタビューしてみよう、そうしよう」

です。

 

現在、色々な方にお願いをしていて水面下でモニョモニョやっておるんですが、

ひとまず今日、第1回目の記事を出せました。

記念すべき第1回目は木原塁さんです。

お忙しい中、誠にかたじけない。ありがたいことです。

windbandpress.net

 

他にはみなとみらいさんの公演から本格的に始めたチケットプレゼント(公演ご招待)企画。

これも第2回目(実質3回目ですが)のプレゼント応募が今日からスタートです。

windbandpress.net

 

「若い人にもっと演奏会に足を運んでほしい、体験してほしい」というこちらの趣旨にご賛同いただいたホールさんや団体さんにご協力頂いています。

 

これらの企画は、まず誰に何を見てもらいたいか、どんな人にもっとWind Band Pressに来てもらいたいか、とかそういうことを、アクセスデータをもとにして色々と分析した結果出てきた企画の一端です。

 

ただ単に「あれやりたいこれやりたいウェーイ」じゃあどうしようもないんですよね(もちろんモチベーションとしては大事なんですけど)。

 

僕も他にもやりたいことなんて山ほどありますけど、Wind Band Pressを使って何が出来るか、したいか、直感と分析を照合して初めて企画の原型が出来てくる感じです。

 

例えばインタビューであれば、まず「インタビュー記事を作ろう」という企画が出ます。これも読者ターゲットがアマチュア全般、マニア、中高生、大学生など実は裏では細分化されています。

この細分化するあたりから「準備」がもう始まっているわけですけど。

それぞれのターゲットに対して誰にインタビューをお願いするかとか。

 

お願いするにしてもただの情報提供ではないですから、ある程度こちらで何をやってる人か把握しておきたかったり、そうじゃなくてもよかったり色々あります。

 

何はさておき分析→企画→準備→実行までのスピードを早くしないと、やることがどんどんたまっていってしまうよ、ということで。

 

さて次のインタビュー記事公開はどなたになるのでしょうか・・・。