吹奏楽情報サイトWind Band Pressの裏話

吹奏楽・管打楽器の情報サイトWind Band Pressの編集長、梅本がたまに裏話なんかを書くブログ。

お坊さんコラムに癒やされる(2019/9/2メルマガ)

f:id:windbandpress:20190902152021j:plain



 


こんにちは!

Wind Band Press編集長の梅本です。


メルマガをまぐまぐを使って配信しています。

https://www.mag2.com/m/0001678809.html

ですがまぐまぐがバックナンバーの公開をやめてしまったので、なるべくメルマガのバックナンバー代わりに、当日のメルマガの内容をブログに転載しておこうというアレです。

本日配信分のメルマガはこんな感じ。

「いちいちブログ見に来るの面倒くさいな」

「仕事場でさりげなくこっそり読みたいな」

という方はメルマガ登録しておいてくださいな。
https://www.mag2.com/m/0001678809.html


ではどうぞ!


─────────────

 

今日はこちらのコラムが公開となりました。

【演奏や人生の役に立つコラム】
「火は煖かに水は冷し」~僧侶兼打楽器奏者 福原泰明の音楽説法 第10回

【演奏や人生の役に立つコラム】「火は煖かに水は冷し」~僧侶兼打楽器奏者 福原泰明の音楽説法 第10回 - 吹奏楽・管打楽器に関するニュース・情報サイト Wind Band Press

 


密かな人気連載ですが、今回も面白いです。

疲れた心に染みますね・・・


この週末は久しぶりにお勉強ということで
ビジネス書を読んだりして、

Wind Band Pressも色々とアプローチを変えていこうかな、
と考えています。

何がどう変わるか、見た目にはわからない変化かもしれませんが、
もっと役に立つ、もっと悩みを解決できる、
そういったコンテンツを増やしていきたいし、

役に立つ情報を盛り込んでいきたいなと思っています。


結局の所は「良い記事を作る」というところになるのですが、
もう少し丁寧に作っていきたいですね。

その分記事の量が減るかも知れませんが、
なるべくペースは落とさずにやっていこうと思います。


やるからには誰かのお役に立たないとね・・・


何か
「こんなことに困ってる」
「こんなことを知りたい」

なんて要望があれば下記お問い合わせのページからリクエストください。

出来るかどうかわかりませんが、やれるだけのことはやってみます。

https://windbandpress.net/contact

 

さて、以下宣伝です。


Wind Band Pressでは広告主様を探しています。

https://windbandpress.net/ad

赤字運営なので、ぜひぜひ広告のご出稿をご検討してみて下さい。

地域割というシステムを導入したので、

例えばバナー広告で名古屋での公演であれば
商圏が愛知県だけとなるでしょうから

割引価格が適用されますので
1ヶ月¥15,000でご出稿可能です。


さ・ら・に!!


それが個人主催のリサイタルやアマチュアの公演であれば
さらに半額になりますので上記例なら¥7,500で出稿可能です。

(商圏がない全国どこでも、というバナー広告なら
 定価は1ヶ月100,000円です)

▼広告詳細はこちら

https://windbandpress.net/ad

 

そ・し・て!!

もうひとつ宣伝です(まだあるのか)


広告を出す予定はないけど
個人的にWind Band Pressを応援したい、

という方がおられましたら
ぜひ「サポーター」になってください。

https://windbandpress.net/support

ファンティアというサイトを使って、
月額100円からサポートできます。

ちゃんとリターンあります。

例えば100円の場合のリターンは

会員特典として、ご希望の方に
「Wind Band Press」 内にご芳名を掲載させていただきます。

その他色々なプランがあるのでチェックしてみてください!

https://windbandpress.net/support


無料で運営できているわけではないので
お金がジャブジャブダダ漏れ状態、

やりたい企画があっても出張予算なし、
原稿依頼予算なし、

まさにアイデアの持ち腐れ状態です。

ご協力頂ければ幸いです。

(そこまでの予算は他事業の分を使っても補填できないのです)


▼広告詳細はこちら

https://windbandpress.net/ad

▼サポーター詳細はこちら

https://windbandpress.net/support

 

それではまた来週!