吹奏楽情報サイトWind Band Pressの裏話

吹奏楽・管打楽器の情報サイトWind Band Pressの編集長、梅本がたまに裏話なんかを書くブログ。

Wind Band PressでおこなったJASRAC様へのインタビュー記事をPDFにまとめました

f:id:windbandpress:20190220152042j:plain

以前Wind Band PressでおこなったJASRAC様へのインタビュー記事をPDFにまとめました。

元記事はこちらです。

【インタビュー】音楽著作権について学ぼう~特に吹奏楽部/団に関係が深いと思われる点についてJASRACさんに聞いてみました

 

いまあらためてPDFを用意した理由としては、シンプルですがPDFにすることでファイルの複製・印刷を出来るようにして、ウェブサイトにアクセスしなくても読めるようにしておこう、というところですね。

ぜひ多くの方に読んで頂ければと思いますので、楽団のメンバーに配布してみるのも良いかと思いますし、出来る形で周知のご協力を頂ければ幸いです。

PDFは上記記事の最下部またはこちらから直接ダウンロード出来ます。

https://windbandpress.net/wp-content/uploads/2019/02/JASRAC-Interview.pdf

 

ただ、2017年4月の記事ですので、最新の状況についてはJASRACさんのホームページなどを参照するなどしてみてください。必要な手続きに関する情報も色々変わっているかもしれません。(僕の場合は事業を運営するうえで何かわからないことがある度に「これって何か手続き必要ですか」みたいな問い合わせを送っています)

今日は海外のニュースをちょこっとね

f:id:windbandpress:20190220115831j:plain

スペインの町並みだそうです

 


こんにちは!

Wind Band Press編集長の梅本です。

 

相変わらず久しぶりのブログ更新。

皆様お元気でしたか。

 

余裕があるときはその日の記事にまつわる話も書いていこうかと思います。

(ほぼ余裕はないのですが)


今日は4記事。ほぼ海外の話です。

1件はナクソス・ジャパンさんから頂いたインフォから作成していて国内盤の話なので日本の記事ですがもとは海外のCDですからね。

それにしてもスーザの吹奏楽作品集(もう吹奏楽にトランスした作品集だと思いますが)も18集ですか。予想以上に続いてますね。売れてるんでしょうね。こういうのは売れないと続けられないですよね・・・(それとも最初から企画として何十集まで作るとか決めていた可能性も)

NAXOSより「スーザ(1854-1932):吹奏楽のための作品集 第18集」が発売(2019/3/29)

 


あとの3件はYou Tubeから。海外の作家さんからは、何か特別なことがあれば直接メールが来ることもあるのですが、基本的には「ウェブサイトかSNSYou Tubeから勝手に拾ってね!」みたいなスタンスの方が多いので、そういう方のはYou Tubeからも拾ってます。

最近は全然作業が追いつかなくて久しぶりにYou Tubeチェックしたんですが、この数日間で初演動画が3本も上がってましたね(汗)

どれも素敵な作品なのでぜひ聴いてほしいですね。

【動画】スペインの作曲家ハビエル・ペレス・ガリード(Javier Perez Garrido)の新作「Suite Latina, Op.52」世界初演動画が公開に

 

【動画】スペインの作曲家フェレール・フェラン(Ferrer Ferran)の新作「MUSIC FOR A CELEBRATION」世界初演動画が公開に

 

【動画】アメリカの作曲家ポール・ドゥーリー(Paul Dooley)の新作「Mondrian's Studio」世界初演動画が公開に

 


ちなみになんですがスペイン人の名前は名と姓が1+1ってわけでもなくて、名+父方の第一姓+母方の第一姓みたいな感じらしくて(人によって表記するかどうかとかは色々だろうけど・・・離婚とかもあるだろうし・・・)、ハビエル・ペレス・ガリードの場合は、ハビエルが名、ペレスとガリードが両親の第一姓なので彼の姓はペレス・ガリードだったりします。(当然両親も姓が二つあるのでそれぞれの第一姓を組み合わせるんだそうです)

なので彼の両親は○○・ペレス・○○さんと○○・ガリード・○○さんなんでしょうね(知らんけど)。

Jリーグにも来て盛り上がってる(のか?)フェルナンド・トーレスさんも「フェルナンド・ホセ・トーレス・サンス」が正式な名前らしく、この場合はどこが姓なのかよくわかりません。名前が2つある人もいらっしゃるそうなので「トーレス・サンス」が姓なのかな?

同じくイニエスタさんも「アンドレス・イニエスタ・ルハン」さんらしくて、へえ~って。

海外のことはよくわかんないことが多くて(ロバートの愛称がボブだったり)、「へえ~!」ってことが多いんですが、最近よくわかんないのは上記のフェレール・フェラン氏、SNSだと名前がフェルナンド・フェランになってるんですよね。それってなんなんだろうっていう。(そこまでいちいち細かく本人に確認しない)

日本人でも芸名的にミドルネーム付ける人もいれば、洗礼を受けてミドルネーム付ける人もいれば、生まれが海外でミドルネーム付いてる人もいますし、芸能人とかじゃなくても芸名使う人もいらっしゃるので(えっこれ本名じゃないんですか、みたいなことは稀にある)、どこの国もお互いの文化のことはよくわかんないことが多いでしょうね。

高校時代の同期からある時「おばあちゃんがバチカンに行ってマリアになった」って言われたときはビックリしましたけどね。バチカンまで行ったのかっていう。行きたいですねバチカン

 

世の中知らないことのほうが多いよねっていう話でした。

 

 


その他ONSA全般の裏話や動きなどは
ひっそりとONSAのブログを更新しているので
のぞいてみて下さい。

(最近全然更新してないごめんなさい)

吹奏楽関連事業を展開する「ONSA」梅本周平の吹奏楽とかマーケティングとかの話

https://ameblo.jp/onsa-umemoto/


その他、各事業のブログは下記から。


■Golden Hearts Publicationsのブログ

http://goldenhearts.hatenablog.com


■WBP Plus!のブログ

https://ameblo.jp/wbpplus/

【Wind Band Pressメルマガ+-α】広島で夜のインタビューは難しかった

f:id:windbandpress:20190128144313j:plain

 


こんにちは!

Wind Band Press編集長の梅本です。

 

一応裏話を書こうと思って作ったこのブログなんですが、
裏話はほとんどメルマガで書いてしまうのでこっちに書くことがない。

これは困った。

ということで、出来れば毎週、メルマガを書くついでに、
メルマガで書いている裏話から足したり引いたりして
何か書いてみようかと思います。


今日のメルマガのテーマは「インタビューとか人手不足とか」でした。

インタビューに関する部分を抜粋してみますね。


------------


さて先週末、急遽インタビュー取材を行いました。


作曲家の正門研一さんが広島に来られるというので
色々とお話を伺ってきましたよ。


広島交響楽団の演奏会が終わってからの
夜の取材だったのですが、

終演したのが21時過ぎで、
そこから個室があったり静かだったり
そういう店を探すのに一苦労。

田舎は夜が早いのです。

結局サラリーメンと思わしき団体が
「ウヤッハハーイ!!」
と騒いでいる鉄板焼き店でインタビューしたのですが・・・

テープ起こし、ちゃんと聞き取れるかしら。

(取材は昼間に入れよう、と思いました)

このメルマガを書いたあとで
テープ起こし、記事原稿作成の予定です。

その後で先方に原稿をチェックしていただいて、
必要な資料を揃えてから公開となります。


インタビューの予定が入ると

「よっしゃ」と思うのですが、

毎回「テープ起こしの時間が必要」
ということを忘れて、

スケジュールの見直しをするハメになっています(アホ)


------------

こんなんでした。

せっかくのブログなのでさらに裏を付け加えてみましょう。


正門研一さんとは広島ウインドオーケストラの演奏会で紹介されて知り合いました。

ちょうどその頃はGolden Hearts Publicationsを始めるか始めたか、そんな頃です。

その後も広島ウインドの演奏会に行くと毎回いらっしゃっていて、他にも広島交響楽団の演奏会などにも来られるので、結構広島に来られる機会は多いみたいですね。(正門さんは大分在住なので新幹線代もバカにならないのでは、と思いますが)

で、昨年末から正門さんの未出版譜をGolden Hearts Publicationsにあずけて頂けることになったことと、Wind Band Pressでインタビュー記事を増やしていきたいなと思っていたタイミングもあって、インタビューさせてください、とお声がけしたところ「今週末行きますよ」って話ですぐにスケジュール調整した気がします。(1週間くらい前のことなのにもう覚えていない)

ところで正門研一さんご存知ですかね、1999年の吹奏楽コンクール課題曲「エンブレムズ」の作曲者です。インタビューではその辺の話も少しだけ伺っています。(少しだけね)

とにかく終演が遅かったのと正門さんも晩ごはんを食べておられなかったのでお店探し難航しましたね。

お店が閉まるの早い・・・

流川という繁華街に行けばこうこうと灯りが付いているんですが、ちょっと個人的に怖そうなエリアなのであまり行きたくない。

僕の家の周りもそうですが夜10時過ぎるとファミレスくらいしかやってないんですよね。

それも最近はファミレスで飲むのが流行っているようで深夜のファミレスはメッチャメチャうるさいので選択肢としては無しなんですよね。

僕が自宅とは別に事務所持ってれば事務所使えば良いんですが、持ってないので、しっとりとしたカフェとかでやりたいんですけどね。食事も兼ねるとなるとなかなか難しい。23時には閉店してしまうし。

そう考えるとメールインタビューが場所も取らなくて良いんですが、話の思わぬ方向への展開がないのと、お返事がなかなか来ないことも多くて「むむ?」ってなることも多いので、まあ色々悩みながら行きています。

とりあえず記事になるまでもう少し時間がかかると思うので、
それまでは比較的最近のインタビュー記事でも読んでおいてください!

 

「バンドのカラーをしっかりと見極めることが大事」日本センチュリー交響楽団演奏事業部長の山口明洋さんに「演奏会の企画」についてお伺いしました

 

「先端で音楽を表現することができる、素晴らしい指揮棒」指揮者ダグラス・ボストック氏&KUO Wen-Yen氏「ISHWAN指揮棒」ショート・インタビュー

 

 

こんな感じの話や毎週の記事ランキングなどを書いているメルマガはこちらから登録出来ます。

吹奏楽・管打楽器の情報サイトWind Band Press編集長だより

 


その他ONSA全般の裏話や動きなどは
ひっそりとONSAのブログを更新しているので
のぞいてみて下さい。

(最近全然更新してないごめんなさい)

吹奏楽関連事業を展開する「ONSA」梅本周平の吹奏楽とかマーケティングとかの話

https://ameblo.jp/onsa-umemoto/


その他、各事業のブログは下記から。


■Golden Hearts Publicationsのブログ

http://goldenhearts.hatenablog.com


■WBP Plus!のブログ

https://ameblo.jp/wbpplus/

2018年に最も読まれた記事は?アクセスランキング紹介!

f:id:windbandpress:20181228114405j:plain


こんにちは!

Wind Band Press編集長の梅本です。

 

本日はWind Band Pressを運営するONSAの2018年の最終営業日です。

最終営業日くらいブログ書けや、と自分でも思ったので「2018年に最も読まれた記事ランキング」を紹介してみようと思います。

集計期間は2018/1/1~2018/12/27です。

「まだ読んでないぜ!」という記事があればぜひチェックしてみてくださいね。

その他、「年末年始割とヒマだよね」という方には、「インタビュー、コラム」系の記事がおすすめです。

こちらにまとめてありますのでちょっとヒマな時間が出来てしまったらこちらから読み倒して頂ければ幸いです。

▼インタビュー記事

https://windbandpress.net/category/interview

▼コラム記事

https://windbandpress.net/category/column

 

さらにヒマという方、もしよろしければ僕が昔書いた小説でも読んでみて下さい。Kindleストアでの販売ですが、Kindleを持っていなくても、アプリを入れればPCでもスマホでもタブレットでも読めます。

風のコラージュ 著:梅本周平

 


では「2018年に最も読まれた記事ランキング」いきましょう!

------------

1位

【コラム】金管演奏が上手くいかない人は○○が狭い(サトウトクヤ)

https://windbandpress.net/3656


2位

【インタビュー】音楽著作権について学ぼう~特に吹奏楽部/団に関係が深いと思われる点についてJASRACさんに聞いてみました

https://windbandpress.net/4673

 


3位

石原勇太郎の【演奏の引き立て役「曲目解説」の上手な書き方】第1回:誰が読むのかを考えよう!~曲目解説の役割~

https://windbandpress.net/2828

 


4位

日本初にして取扱量日本一!!!ハンドパン専門ネットショップ”KUROBO HANDPAN(クロボーハンドパン)”オープン!!!

https://windbandpress.net/4397

 


5位

【ご招待】東京佼成ウインドオーケストラ~2018年度全日本吹奏楽コンクール課題曲全5曲演奏~(2018/3/21:かつしかシンフォニーヒルズ)

https://windbandpress.net/8450

 


6位

初演!新作出版!来日!ベルト・アッペルモント(Bert Appermont)最新情報!

https://windbandpress.net/1486

 


7位

「2018上半期ヒットメドレー」ほか:ロケットミュージック:2018年7月の新刊情報

https://windbandpress.net/9166

 


8位

作曲家、フルート奏者ゲイリー・ショッカー(Gary Schocker)最新情報

https://windbandpress.net/2461

 


9位

ベルリン・フィル(Berlin Philharmonic Orchestra)の首席トランペット奏者、ガボール・タルケヴィ(Gabor Tarkovi)氏の次回の来日予定など

https://windbandpress.net/1782

 


10位

吹奏楽】初開催!九州高校選抜ガラ・コンサート2018(2018/3/31:熊本県立劇場コンサートホール)

https://windbandpress.net/8221

 

 

------------


毎週の記事ランキングなどを書いているメルマガはこちらから登録出来ます。

https://www.mag2.com/m/0001678809.html

 


その他ONSA全般の裏話や動きなどは
ひっそりとONSAのブログを更新しているので
のぞいてみて下さい。

吹奏楽関連事業を展開する「ONSA」梅本周平の吹奏楽とかマーケティングとかの話

https://ameblo.jp/onsa-umemoto/


その他、各事業のブログは下記から。


■Golden Hearts Publications

http://goldenhearts.hatenablog.com


■WBP Plus!

https://ameblo.jp/wbpplus/

広告には裏メニューもあるよというお話

Wind Band Pressでは媒体資料も広告資料もドドーンと公開しているのですが、

https://windbandpress.net/ad

 


広告については公開しているプランを基本としつつも、相手の状況に合わせて裏メニューをその都度こしらえることが出来ます。

現在展開している吹奏楽団Festaさんなんかはこのパターンですね。

ご予算はあるけど先方に時間がない、ということでバナー全ページヘッダー、右サイド(PC)、スマホ(記事直下)各バナー、そして記事広告、一気にバナーもこちらで作って展開しました。

【PR】1年に1度、この時だけに全国から奏者が集まる「吹奏楽団Festa」New Year Concert 2019開催(2019/1/4:尼崎市総合文化センター)

https://windbandpress.net/10948

 


この演奏会は協賛もしているので、本番までにこういう風に展開していくといいよ
なんていうアドバイスとかも付いてきてます。

そういうことも出来るのでお気軽にお問い合わせいただければと思います。

吹奏楽とは関係ないけど吹奏楽愛好家に宣伝したい商品、というのであればバナーのほうが自然かなと思います。

記事広告でも良いのですがその場合は吹奏楽や管打楽器とどう絡められるかがポイントになってきます。

何も絡んでない「なんでこれがWind Band Pressに載ってるんだ?」みたいな記事広告って誰も読まないと思うのであまり効果ないと思うのですよね。(それでも出したいというなら止めはしませんが金をドブに捨てるようなものかと)


Wind Band Pressは広告以外に収入源がないのでドンドン広告出稿していただけるといろいろと助かります。


金は使ってナンボなんで広告打つべき時にはバンバン打っていきましょう!

【Wind Band Pressメルマガ+-α】顧客を育てる

f:id:windbandpress:20181210112420j:plain


こんにちは!

Wind Band Press編集長の梅本です。

 

一応裏話を書こうと思って作ったこのブログなんですが、
裏話はほとんどメルマガで書いてしまうのでこっちに書くことがない。

これは困った。

ということで、出来れば毎週、メルマガを書くついでに、
メルマガで書いている裏話から足したり引いたりして
何か書いてみようかと思います。


今日のメルマガのテーマは「顧客を育てる」でした。


------------


最近(始まった頃からだけど)「Wind Band Pressをどんな方向にもっていくか」みたいなことをよく悩みます。

基本は情報サイトにして、それでアクセスが沢山あればそのままでもいいのですが、そんなにアクセスも多くないので(目標の10%くらい)夜な夜な色々な記事を読んで勉強しているのですが。

先日見つけた記事で「売上=顧客数×顧客単価」という小売では当たり前のことをブログ運営に落とし込んでいる記事があって、大いに刺激を受けた次第です。

それによると、その人は個人メディアで「顧客数」を追うには広告費が足りないから、「客単価」を上げていこうと考えたそうです。

アパレル好きがこうじてブログでファッションについてオススメしたり解説したりっていう形らしいのですが、(そこから小売につなげていく)最初はユニクロなどの安いラインをオススメしつつ、30万とかするブランドも紹介して、そういうブランドが何をやってきてどうやってユニクロに至るのか、コンセプトや背景までも解説するんだそうです。

そのうちはじめはユニクロを買っていた顧客が、しまいには30万の服を買うようになる。

この「30万の服を買う層」をどう増やすかという話です。


これをクラシックに置き換えて、まずは「プロの演奏会ガラガラ案件」ってこういうことなんだろうな、と思い、編集長ブログをまた書き始めることにしました。

【編集長コラム】初めての演奏会は、どの演奏会に行けばいい?

https://windbandpress.net/10840

 


まずそもそも演奏会に行かない、どれに行ったらいいのかわからないし、という方に向けて書いています。

草の根運動的な感じですが、こういう記事も大事だなと思うので、また時間を作って色々なことを書いていこうかなと思う次第なのですが、大事なのは「顧客を育てる」こと。

今よりもっと上の感動が欲しい!

という欲求レベルを上げていくことが、業界全体的に見て客単価を上げていくことにつながるんじゃないかなと考えています。


------------


こんな感じの話や毎週の記事ランキング、プレゼントや募集記事の紹介などをまとめているメルマガはこちらから登録出来ます。

吹奏楽・管打楽器の情報サイトWind Band Press編集長だより

https://www.mag2.com/m/0001678809.html

 


その他ONSA全般の裏話や動きなどは
ひっそりとONSAのブログを更新しているので
のぞいてみて下さい。

吹奏楽関連事業を展開する「ONSA」梅本周平の吹奏楽とかマーケティングとかの話

https://ameblo.jp/onsa-umemoto/


その他、各事業のブログは下記から。


■Golden Hearts Publications

http://goldenhearts.hatenablog.com


■WBP Plus!

https://ameblo.jp/wbpplus/

【Wind Band Pressメルマガ+-α】他と差がつく!主催者投稿のポイント

f:id:windbandpress:20181126162846j:plain


こんにちは!

Wind Band Press編集長の梅本です。

 

一応裏話を書こうと思って作ったこのブログなんですが、
裏話はほとんどメルマガで書いてしまうのでこっちに書くことがない。

これは困った。

ということで、出来れば毎週、メルマガを書くついでに、
メルマガで書いている裏話から足したり引いたりして
何か書いてみようかと思います。


今日のメルマガのテーマは「他と差がつく!主催者投稿のポイント」でした。


------------


今日はたまに使っていただいている「主催者投稿」をする際の情報の書き方のポイントをまとめてみます。

主催者投稿のページはこちらですね。

https://windbandpress.net/report-post

(レポートなどの投稿もできます)

僕にメールを送らなくても、主催者の方が直接投稿出来るという簡易システムです。


Word Pressの管理者権限の問題で画像のアップロードが出来ないので、

「imgタグ?なにそれ?」

という方にはちょっと使いづらいのですが、まあ画像がなくても大事なのは中身ですからね。


演奏会などイベントの告知で、他と差をつけるために中身として用意しておいた方がいい(むしろ必須)の基本事項は下記になります。

(Wind Band Pressの僕が作ってるイベント記事を見てもらえば早いのですが)

これが抜けてるとガッカリ感100倍。


・公演名

・日時(年月日と曜日、開場時刻、開演時刻)

・会場名(「○○会館 大ホール」みたいなもの)

・入場料(チケット代)
※自由席なのか指定席なのか、また当日割増があるのかどうかもしっかり書きましょう

・チケット取り扱い場所、プレイガイド(チケットを販売する場合)

・出演者

・演目(プログラム)

・主催

・後援、協賛

・お問い合わせ先


以上は必須ですね。

画像についてはページも書いてありますが「テキスト」モードでimgタグを使って、別のサーバーにある画像のURLを指定すれば表示されます。

ただ画像のサイズが大きすぎるとページ表示が崩れるので、最大サイズは横幅650pxになるように指定を入れてください。

htmlタグの例)

<img src="https://*****.com/img/concert2018.jpg" width="650px">

画像のURLは相対パスではなく絶対パスで指定します。

(用語の意味がわからければ上記リンク参照)

 

次に「差がつくポイント」です。

・終演予定時刻

「日時」の項目に開場・開演時刻だけではなく終演予定時刻も書いてみましょう。


・会場へのアクセスへのリンク

リンク先はホールのアクセスマップのページで良いと思います。
スマートフォンからのアクセスが多いので、その場でタップして確認できる方が良いですね。
  
長いリンクURLをそのまま貼り付けると表示が崩れる場合があるので、会場名のテキストを選択した状態で編集バーの「リンク」を使うのが良いでしょう。


・チケット取り扱い場所、プレイガイド

通常の情報提供でも例えばチケットぴあなら「チケットぴあ(Pコード:○○)」だけの場合が多いですが、上述の通りスマートフォンからのアクセスが多いので、ぴあならぴあの該当ページにリンクしておくと、チケット購入に至る可能性が上がるのではないでしょうか。
  
まあまずスマホでぴあのページ開いてコード打ち込んで検索、なんてことはしたくないですね、僕は。(めんどい)


・出演者

楽団名、指揮者名、ゲストの名前はすべて書きましょう。(シークレットゲストの場合は書けないけど)
  
楽団には興味ないけど指揮者やゲストに興味がある、という人も多いかもしれません。
  
そもそも楽団のファンだったらわざわざWind Band Pressで情報探さないと思います。(直接楽団のサイト見たりメルマガ購読したりする)
  
あと、記事の最下部あたりに出演者やゲストの最新のプロフィールを載せておくといいですね。
  
おそらくご自分が思っているほど自分のこともゲストのことも世間に知られていません。


・演目(プログラム)

チラシでもよくあるのでそれがクラシック業界の「慣例」になってる感がありますが、「○○、▲▲、ほか」っていうのやめた方が良いと思います。「ほかに何やるんだよ」って毎回思いますね。
  
やると決まっている曲は全部載せたほうが、「聴きたい」という人の母数を増やせると思いませんか。
  
「でもやっぱりやらないかもしれないし・・・」
  
と思うでしょうがそんなの本番直前になんらかの事故で演奏できなくなる演目もあると思うので、最初から予定曲全部書き出しておいて「演目は変更になる可能性があります」って書いておけばいいんですよ。(だからといって演目変更を推奨しているわけではないですよ)


・お問い合わせ先

お問い合わせ先にウェブサイトのURLを貼り付けて終わり、とかFacebookページやTwitterアカウントのページリンクを貼り付けて終わってしまう場合もありますが、まあ僕ならアクセスしないですね。

アクセスした先で問い合わせページを見つけるのがめんどくさいのと、メッセンジャーTwitterでのやり取りは埋もれていくので本番直前になって困ることがあるからです。
  
電話でも良いんですが、電話に誰も出なかったら「なんだよ」ってガッカリされるし、言った言わないの問題が起きた時にどうしようもないので、メールアドレスを記載しておくのが良いでしょうね(もちろんこれもリンクしておく)
  
もちろん電話でも良いのですが、営業時間というか対応できる時間を明記しましょう。
  
何も明記していなければ、深夜2時に電話がかかってきても文句は言えませんよ。

僕だったら書きたくないですね電話番号。ターゲットが「電話を好む年齢層」のみの場合だったら  メールアドレスなんて書かないで電話対応一本に絞りますね。僕ならね。

 

★さらに差をつけるポイント★

そしてさらに差をつけるポイントの一つは「概要文」です。

「○月○日に定期演奏会やります!○○を演奏します!皆様のご来場お待ちしています!」

だけしか書かないんだったら書かないほうがまだマシなので必須でもないですが、ちゃんと「聴きどころ(聴かせどころ)や目玉」を自分でわかっているなら、ウリの部分はガンガン書いたほうが良いですね。

企画が曖昧な演奏会やイベントだと書けない。

何がウリなのかわかんないですからね。企画者を恨んで下さい。

それでもウリを発見してくるのが広報のお仕事なので、頑張って下さいね。

 

もう一つは物販やサイン会があるかどうかの記載ですね。

これによっては何時に行くか決める要因にもなりますし、サイン物販目当てで行く人もいるかもしれない。

 

最後は「見出し(記事タイトル)」なんですが、

あああああああ!

ちょっと長くなってしまってスケジュール押してるんで今日はこの辺にしておきます。

 


------------


こんな感じの話や毎週の記事ランキングなどを書いているメルマガはこちらから登録出来ます。

吹奏楽・管打楽器の情報サイトWind Band Press編集長だより

https://www.mag2.com/m/0001678809.html

 


その他ONSA全般の裏話や動きなどは
ひっそりとONSAのブログを更新しているので
のぞいてみて下さい。

吹奏楽関連事業を展開する「ONSA」梅本周平の吹奏楽とかマーケティングとかの話

https://ameblo.jp/onsa-umemoto/


その他、各事業のブログは下記から。


■Golden Hearts Publications

http://goldenhearts.hatenablog.com

 


■WBP Plus!

https://ameblo.jp/wbpplus/