吹奏楽・管打楽器のウェブメディアWind Band Pressの裏話

吹奏楽・管打楽器のウェブメディアWind Band Pressの編集長、梅本がたまに裏話なんかを書くブログ。

過去をただの過去にしないために(2022/5/13メルマガバックナンバー)




こんにちは!

Wind Band Pressの梅本です。


言いたいことをメルマガで言ってしまっていることが多いので、バックナンバーをしばらくやっていこうかと思います。

今日は2022/5/13のメルマガバックナンバーです。


-----------

今日は「やりきる」というお話をしたいと思います。

最終的に件名の「過去をただの過去にしないために」というお話につながっていきますよ。


僕は新卒で入った会社がコピー機などの法人営業をしている会社で、僕は主にコピー機の法人営業をしていたのですが、「即戦力」という言葉が流行った時代で、今で言うとOJTというんでしょうか、特に研修らしい研修があるわけではなくいきなり現場、という会社でした。


自分で片っ端から中小零細の会社に電話をかけ、社長さんにアポをとって、自分でコピー機を売り込みにいくという仕事です。

原則として、「営業は1回で、その場でリース契約書を書いてもらえ」という方針だったので、「後日また・・・」ということは許されませんでした。


たまにアポイント専門のパートさんが取ったアポイントが回ってきて、「ここに行ってきて」となることもあります。


そのパターンのアポが回ってきて、相手と話したこともない状態で、どこか工場のような会社の事務所に行ったことがあります。

コピー機が欲しいという話だったのですが、相手が社長さんでなかったこともあって受注に至らず、その会社を失礼してから上司に連絡を入れました。

「すみません、失注しました」

すると上司から

「わかった。で、おまえは『やりきった』のか?」

と返ってきました。

このとき僕は「やりきった」の意味がわかりませんでした。一瞬考えて、「受注=やりきった」という意味かと思いました。成果を出すのが「やりきる」ことだと思ったのです。

なので、

「いえ、やりきってないです」

と答えました。

そうしたら、

「ふざけんなよおまえ。やりきってないならもう一度行け!やりきれ!」

とめちゃめちゃ怒られました。

半べそをかきながら再度会社に行き、

担当者の方に

「すみません、もう一度お話を聞いて頂けませんか」

と言ったのですが、今度は担当者の方に怒られました。

「今は要らないって言ったでしょ!何度も来ないでよ!もう来るな!」

別の半べそをかきながらまた上司に電話をします。

僕「すみません、もう来るなと言われて話が出来ませんでした」

上司「やりきったのかよ」

僕「受注してないです」

上司「そうじゃなくて、やりきったのかよ」

僕「(意味がわからんな)・・・やりきったっていうのはどういう・・・」

上司「もういい、おまえ一回帰ってこい!」

ガチャ切りされました。

そしてトボトボと会社に戻り、上司に話を聞きました。


上司は僕がその会社で唯一尊敬している上司だったのですが、彼によると、

「受注したかどうかは関係ない。おまえが全力を出し切って、これ以上提案することはないってところまで行けたのか、それが『やりきる』ってことなんだよ。で、おまえは今日『やりきった』のか?」

そういう意味だったのかと。

僕は提案自体はこれ以上何も言えないところまでやっていたので、

「やりきりました」

と答えます。

すると上司は

「だったら良いんだよ。俺はおまえにやりきって欲しいんだよ。受注するかどうかはいろんな事情もあるからダメなときもある。でも結果よりも、自分がやりきったかどうかが大事なわけ。意味わかる?お疲れさん!」

と言って、一件落着です。


あれからもう20年くらい経ちましたが、僕は未だにこの教えを守っていて、常に「やりきったか?」と自問しています。


僕はまだ40くらいの若造なので、「人生とは」を語るようなことは出来ませんが、振り返ってみれば僕の過去は後悔ばかりです。

「あのときああしていれば良かった」

そんなことがたくさんあります。


だから今日をやりきるんです。

出来ることを出来る範囲で精一杯やりきる。

これ以上できない、やれることはやった、と、結果がうまくいかなくてもやりきる。

自分の中で「やりきって」いれば、その過去も「良い過去」になります。

なんの悔いもない。

 

最近は国内外のコンクールの情報も手に入りやすいですので、日本の吹奏楽コンクールに限らず、ソロコンテストや作曲賞などいろいろなコンテストに出ることもあると思います。

その時に、「1位になれたか」「金賞を取れたか」ということよりも、

「やりきったかどうか」

を重視してほしいなと思います。

出来る範囲で精一杯やればいいだけなので、他の人と比べる必要もないし、うまくいく必要もないです。

「やりきった毎日」の積み上げが、明日への自信や希望になるんじゃないかなと思います。


夜が明ければ朝が来て、また新しい一日が始まります。

人生でやりたいことすべてをやるのは無理です。

やりたいことに対して可処分時間が足りないからです。

だからこそ毎日をやりきる。

人生にやり残しがあっても、毎日をやりきる。

後悔のない日々を送るためにはこれしかありません。

過去を「後悔ばかりの過去」から「良い過去」に変えたほうが毎日が楽しくなるでしょう。


うまくいかない日があるのは当然です。

一人で生きているわけではないですから。

環境や事情というものがあります。


それでも「やりきって」いれば、「さ、次いってみよう」と新たなスタートを切ることができるでしょう。


皆さんの今日が「やりきった」今日になりますように。

-----------

以上、メルマガバックナンバーでした。

Wind Band Pressのメルマガの登録はこちらから。

Wind Band Press新メルマガ購読申し込みページ - 吹奏楽・管楽器・打楽器・クラシック音楽のWebメディア Wind Band Press

 

仕事に関係あることないこと色々語ったり語らなかったりします(あいまい)。


では良い週末を!


 

クラシック音楽を盛り上げるために(2022/4/28メルマガバックナンバー)




こんにちは!

Wind Band Pressの梅本です。


お久しぶりのブログですが・・・

言いたいことをメルマガで言ってしまっていることが多いので、バックナンバーをしばらくやっていこうかと思います。

今日は2022/4/28のメルマガバックナンバーです。


-----------

最近ちょっと色々と考え事をしていて、その中にクラシック音楽を盛り上げるためにはどうすればいいか」というものがあります。

Wind Band Pressを運営しているのは僕一人で、屋号はONSAというのですが、ONSAにはミッション(企業理念のようなもの)があり、それに沿っていくつかの事業を展開しています。

Wind Band Pressももちろんミッションに沿った事業です。

最初は雑多な情報サイトから始めて、いまはそれをやめてメディア的な形に変わったり、状況を見ながら細かいところは変わっていますが、根っこは変わっていません。

Wind Band Pressの目的としては、吹奏楽をメインコンテンツに据えていますが、「クラシック音楽を盛り上げましょう」ということになります。

それがWind Band Pressで出来ているのかどうかは自分でもよくわからないのですが、盛り上げるといってもいろいろあって、例えば

・既存の愛好家の仲間内での盛り上がり

・愛好家ではない人も巻き込んだ盛り上がり

というのがパッと思いつくところです。


僕がいまやりたいのは後者なのですが、愛好家ではない人を巻き込んで盛り上げる、というのは、もっとわかりやすい言葉にすると

「人気のあるものにする」

ということだと思うんですよね。

人気ってなんだろうというと、読んで字の如しで、

「人気(ひとけ)がある」

ってことだと思います。


今よりも多くの人がクラシック音楽というコンテンツを楽しむ、そういう状況を作りたいわけです。


よく「若者の○○離れ」とか言いますが、それって結局、人気(にんき)、人気(ひとけ)がそのジャンルやコンテンツから減ったということなんでしょう。


じゃあどうやったら人気が出るのか。

そのきっかけは様々で、例えばバスケットボールが人気になったのは漫画のスラムダンクの影響でした。

当時僕は中学生でしたが、サッカー部や野球部、帰宅部まで多くの生徒がなだれをうってバスケ部に転部したんです。

あの勢いはすごかったです。

一気に校内で最も人気のある部活になりました。

とはいえ、なんでもかんでも漫画やアニメにすれば良いというものではなくて、バスケの場合は「スラムダンク」という漫画そのものに、多くの人をトリコにする魅力があったんですよね。

決してバスケ愛好家だけで楽しむ漫画ではなくて、愛好家とそうでない人の垣根を大きく超えた。

SNSもない時代にですよ。

そのくらい影響力のあるコンテンツが出れば、クラシックも人気が出る可能性はあります。

のだめカンタービレなんかはそれに近いですよね。

あの頃はクラシック愛好家も増えたと思います。

ラ・フォル・ジュルネでものだめでクラシックに興味を持ったと思われる「クラシック初心者」みたいな客層が多かったです。

ただ、その後続かなかったのは、クラシック愛好家が鑑賞マナーにうるさかったり、初心者に対してマウントをとったり、とにかく初心者からして愛好家がウザかったんだと思います。

せっかく興味を持ったのに、「村人」からいじめられたら楽しめないですよね。


で、最近特にSNSを見ていて思うのは、クラシック愛好家の中に、「言葉が汚い人」が結構多いなということです。

誹謗中傷とまではいかなくても「ちょっとキツイ言葉で攻撃してんなー」と思うことはあります。

愚痴も言いたいときはありますし別に個人的な軽い愚痴くらいなら気にならないですけど、他人に対しての攻撃性が高い。

これは他のジャンルでも同じですけど。

(他ジャンルのアカウントとか見るともっとヤバイときもある)

そういうやり取りが日常的にされているジャンルに、わざわざ飛び込みたいと思うか?と考えると、多くの人は

「うわあ、クラシック音楽興味あるけどこれは絡みたくないなあ」

ってなるんじゃないでしょうか。


だから、例えば「吹奏楽部の部員を増やそう!」と言ったところで、肝心の吹奏楽系アカウントがキッツイ言葉でツイートしていたり、引用ツイートで口撃していたり、マナー講師みたいなのが多かったりすると、まあ、嫌ですよね。そんなところに入るのは。


これは他のジャンルでも同じなのですが、人気をだしたい、愛好家の人口を増やしたい、とおもったら、まずは愛好家自身が「愛好家ではない人が入りやすい空気」をだしていかないといけないと思うんですよね。

その最初の段階として、汚い言葉やキツイ言葉で他人を攻撃しないとか、楽しみ方を限定するような(マナーとか)活動をしないとか、最低限の人としての「嫌われない振る舞い」「愛される努力」というものが必要なんじゃないかなと思います。

もちろんそれだけで人気が出るわけではないので、楽しく交流して、面白そうな情報を互いに発信して、「徳」を積んでいくような感じになると、スラムダンクのような大きなきっかけがなくても、徐々に村の外から移住者が増えるんじゃないかなと思います。


すでに楽しそうにやっている人もたくさんいますけど、ネガティブな言葉や振る舞いは目立ちますからね。

受け手にすごく嫌な感情を芽生えさせるので。


僕も攻撃的な年頃があったので他人のことを言えた義理ではないのですが、最近は「最低限、楽しそうに見えないと人は増えないな」という考えに至っています。

楽しそうな情報>ネガティブな情報

という状況になれば良いのですが、どうも今は

楽しそうな情報<ネガティブな情報

になっているような気がします。印象ですけど。


「何が嫌い」

より

「何が好き」

で自分を語れば良いんじゃないかな。


皆さんはいかがでしょうか。


もし「結構自分攻撃的だな」「好きより嫌いで語ることが多いな」と思い当たる節があれば、少し見直していただければ、吹奏楽も、それ以外のクラシック音楽も、「盛り上がる」ことにつながっていくのではないでしょうか。

少なくとも、盛り上がりの芽を摘む機会は減らせるかと思います。

-----------

以上、メルマガバックナンバーでした。

Wind Band Pressのメルマガの登録はこちらから。

Wind Band Press新メルマガ購読申し込みページ

 

仕事に関係あることないこと色々語ったり語らなかったりします(あいまい)。


では良い週末を!


 

「情報提供」の投稿フォームに項目を追加しました

 


こんにちは。台風のため今日は引きこもり、Wind Band Pressの梅本です。

さきほど「情報提供」ページの投稿フォーム、「▼演奏会の場合は下記にもご記入ください」という項目の中に「Wind Band Press読者へのメッセージ」という項目を追加しました。

任意の項目なので書かなくても良いのですが、演奏会を通じて何を伝えたいのか、何を聴いてほしいのか、何を体感してほしいのか、などなど熱い想いをアピールするのに使っていただければと思います。

演奏会などの情報提供ページはこちら

その演奏会、実はとても重要な情報が隠れていませんか?Wind Band Pressではプロアマ問わず情報提供を受け付けています! - 吹奏楽・管楽器・打楽器・クラシック音楽のWebメディア Wind Band Press

 

「ポケットモンスター スカーレット・バイオレット」最新情報の動画で使われた吹奏楽曲「アルヴァマー序曲」とは?




こんにちは!

吹奏楽・管打楽器のウェブメディアWind Band Pressの梅本です。

昨日(2022/8/3)の夜はちょっとした騒ぎでした。

ポケットモンスター スカーレット・バイオレット」最新情報についてのプレミア公開があったのですが、その中で吹奏楽ではわりと有名な曲「アルヴァマー序曲」が使用され、吹奏楽ファン&ポケモンファンはなかなか盛り上がったのではないでしょうか。

この動画の中で使われています。(音楽が始まるところから再生するようにしています)

youtu.be

これまで吹奏楽を聴いたことがない、または興味がなかった人でも「この曲かっこいいな」と思われたかもしれませんね。

アルヴァマー序曲(Alvamar Overture)」は、アメリカの作曲家ジェイムズ・バーンズ(James Barnes)が作曲した1981年の楽曲です。「アルヴァマー」というのは当時カンザス州にあったゴルフ場の名前なんだそうです。カンザス州で行われた音楽祭のために書かれた曲のようですので、そういうつながりなんでしょう。よく知らないけど。

だいぶ前の楽曲ですが、日本でも当時はたくさんの海外の吹奏楽曲がCDに収録され発売されており、アルヴァマー序曲は日本でもヒット曲となりました。今でも演奏される(であろう)ロングセラーとなっています。

国内で初めて録音したのは、東京佼成ウインドオーケストラ、指揮は汐澤安彦氏です。このときの録音が、楽譜の指定よりテンポが速く、日本では速いテンポで演奏されることが多いように思います。

ポケモンの動画の中で使われているのは全曲ではなく抜粋です。テンポも速いですが、作曲者のバーンズ自身は「日本のバンドのテンポは速すぎる」と言ったとか言わないとか・・・

それはさておき、吹奏楽管弦楽、または弦楽四重奏などの室内楽、そしてピアノやギターなど、クラシック音楽は基本的にアコースティック楽器を使います。

コンサート(ライブ)ではPAなどを通さずにホールの響きを使って音が完成するという側面もあるので、Youtubeにもたくさん動画がありますしCDも売っていますが、やはりライブで聴きたいジャンルの音楽です。

もしポケモンファンの方で、この動画で「アルヴァマー序曲かっこいいな」と思われた吹奏楽未経験の方や、吹奏楽って何?という方(地域や学校などによってはブラスバンドと呼ばれます、いわゆる「ブラバン」です)は、お近くの吹奏楽部や吹奏楽団が「アルヴァマー序曲」を演奏する機会があれば、ぜひライブに足を運んでみて頂ければと思います。

おそらくプロアマ問わず多くの演奏会情報が投稿されるのは「コンサートスクエア」というサイトだと思います。

コンサートスクウェア(クラシック音楽情報)

 

「コンサートを探す」というページの中に「コンサートを絞り込む」という箇所があり、キーワードが打ち込めます。

いまのところ「アルヴァマー序曲」「アルヴァマー」「アルバマー」で検索しても演奏会がヒットしないのですが、こういったサイトに演奏会情報を投稿しない楽団も多いと思います。

地域の吹奏楽部、吹奏楽団であれば、演奏会を行う時期に町中のいろいろなところに告知ポスターを貼る場合もあります。そこに演奏予定の曲目があらかじめ記載されています。

また楽団のウェブサイトにも情報が掲載されている場合もあります。

もし今回の動画で吹奏楽を知った方がいらっしゃいましたら、お近くで「アルヴァマー序曲」のライブが聴けるチャンスがあればぜひライブに足を運んでみていただきたいと思います。

もちろん曲ではなくてサウンドに惹かれた、ということであればどんな演奏会でも楽しめると思いますので、上記のコンサートスクエアなどでお近くの地域の演奏会を探してお出かけしてみてください。

春夏秋冬、どこかで誰かが演奏会を行っています。

今回のようなきっかけで、新しく「吹奏楽の演奏会に行ったよ」という方が増えたら嬉しいです。

 

 

(C)2022 Pokemon. (C)1995-2022 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケットモンスターポケモン・Pokemonは任天堂クリーチャーズゲームフリーク登録商標です。


 

「スーパー学指揮への道」更新、そしてコロナ第7波・・・

こんにちは!

Wind Band Pressの梅本です。

一昨日、およそ2ヶ月ぶりにコラム「スーパー学指揮への道」が更新されました。

コンクールシーズン突入!2022年課題曲に学ぶ!「行進曲のスタイル(形式)」:プロの指揮者・ 岡田友弘氏から悩める学生指揮者へ送る「スーパー学指揮への道」第50回 - 吹奏楽・管楽器・打楽器・クラシック音楽のWebメディア Wind Band Press

 

今回は今年(2022年)の課題曲から、マーチ「ブルー・スプリング」を使って「行進曲のスタイル(形式)」のお話をする前編です。

執筆してくださっている指揮者の岡田さんも本業がお忙しく、ちょっと間が空いてしまいましたが、後編も早いうちに原稿を送ってくださるそうなので、お楽しみに。

ラボ編からは対話形式になっていて、ラボ編の第4回(コラムの第46回)からは、より内容に入りやすいように、岡田さんの原稿の前後、導入と締めに「ストーリーパート」というミニ小説みたいなものを入れています。

これは僕が書いているのですが、原稿を読んでから、その時のリアルタイムな感覚(例えばコロナとか)を盛り込むようにして、ライトに読めるような内容にするように心がけています。

そういう書き方なので各回のストーリーに連続性はないのですが、架空の大学の架空の大学生の架空の日常のスナップショットのような感じになっているかなと思います。


そんな中、ストーリーパートを書くのも非常に難しくなっているのがコロナの第7波です。

7月20日には全国で感染者数が15万人を超え、30府県で過去最多の感染者数となったようです。

また活動に制限がかかるのか、かからないのか、それはまだわかりませんが、僕の子供の学校でも学級閉鎖するクラスが再び出てきました。

この状況で、吹奏楽コンクールはどうなるのか?その前に自分のバンドは活動できるのか?

そういった不安もあると思いますし、もしかしたらすでに活動停止、コンクール出場辞退、そういうバンドもあるかもしれません。


もし活動ができなくなったり、予定がなくなったりしてしまった時には、過去のインタビュー特集記事などを読んで見て欲しいなと思います。読んで解決するわけではないですが、次のアクションのヒントにはなるかもしれません。

▼特集:コロナ禍を私たちはどう生きたか~未来に残すそれぞれの記憶~
https://windbandpress.net/category/column/interview/survivor

 

あ、全然話が変わりますが、この前読んだこの本が面白かったです。科学的アプローチの思想書という感じの本ですが、チームを発展させるヒントもたくさん書いてあります。

長いし読むのが大変なのですが、オススメです。お近くの書店などでお買い求め下さい。

ではまた!

 

 

 

 


 

今日の編集長コラムの元になった本の紹介

こんにちは!

Wind Band Pressの梅本です。

先程記事を更新しました。

【編集長が最近思うこと】バンドが分裂する前に・・・ - 吹奏楽・管楽器・打楽器・クラシック音楽のWebメディア Wind Band Press

 

これ、もともとブログ用に書き始めたのですが、思いの外ながくなってしまったので、記事として置いておくことにしました。

 

元になっている本は、アダム・グラントという心理学者の「Think Again」という本です。日本語訳されたものを読みましたが、タイトルは特にカタカナになっていないようです。副題として「発想を変える、思い込みを手放す」と書いてあります。

 

表紙はこれ

 

割りと最近の本みたいなので、本屋さんのビジネス書のコーナーに行ったらあるんじゃないでしょうか。

 

学生さんにも読んでほしいですが、2,200円とちょっとお高いので、図書館や図書室にリクエストしてみてください。

 

そんなわけで本の紹介でした。アダム・グラントさんの本は既刊の2冊も読んだのですが、どれもこれも面白い本です。僕が心理学専攻だったから余計にそう思うだけかもしれませんが・・・たぶん何かしらの役に立つと思います。

 

ではまた~

 

 

 

燃え尽き症候群(バーンアウト)について知ろう




こんにちは!

Wind Band Pressの梅本です。

今日は「燃え尽き症候群バーンアウト)について知ろう」というタイトルで。

Wind Band Pressでも去年特集しましたね。

吹奏楽頑張った!燃え尽きた!やりきった!ヤッピー☆」という話ではなく、誰にいつ起こってもおかしくないメンタルヘルスの話です。

最初の僕のコラムから少し抜粋してみますね。

▼全文はこちら

【編集長が最近思うこと】バーンアウト(燃え尽き症候群)にならないために・立ち直るために

 

燃え尽き症候群、と聞くと、あしたのジョーみたいな真っ白けで「やりきったぜ・・・」みたいなイメージがありますが、実際には「不完全燃焼」によるメンタルヘルスの低下、というようなことが現在問題になっていることのようです。

特に会社などのビジネスの現場で離職などの形として表出してくるんだそうです。

(中略)

バーンアウトの初期症状は、かんたんにいえば「理想や使命感の喪失」です。頑張っているのに成果が見えない、などによって引き起こされるそうです。続いて「他人のせいにする」という状態が生まれます。うまくいかないのは誰それのせいだ、みたいなことですね。成果が出ないことを他人のせいにしても成果が上がることはないので、最終的には「自分は目標を達成できなかった、成果を出せなかった」という「自己否定」に至ります。

 


これはコロナ禍でのメンタルヘルスの問題を想定して書いたコラムだったのですが、緊急事態宣言やまん延防止措置などがなくなっても、いつでも誰にでも起こりうる問題です。

ですが、先に知っておけば、対処も出来るというもの。

梅雨の時期ですし、雨が振らなければそれはそれでメチャンコ暑いし、相変わらずマスクしないといけない雰囲気だし、自律神経も乱れそうなシーズンではあるので、あらためて記事をチェックしてみてほしいなあ、というお話です。


まず最初の基本の記事はこちら

【編集長が最近思うこと】バーンアウト(燃え尽き症候群)にならないために・立ち直るために

 

続いてアーティストの方数名にご協力頂いたインタビューは下記です。

「僕たちは音楽の僕(しもべ)です」~バーンアウト(燃え尽き症候群)にどう対処するか~:會田瑞樹さん(打楽器奏者)へのインタビュー

 

「自分の人生で大事にしたいことは何なのか」~バーンアウト(燃え尽き症候群)にどう対処するか~:有吉尚子さん(クラリネット奏者)へのインタビュー

 

「音楽の神様は寛容で、多くの人を受け入れてくれる」~バーンアウト(燃え尽き症候群)にどう対処するか~:岡田友弘さん(指揮者)へのインタビュー

 

「自分のやっていることの先には必ず誰かがいる」~バーンアウト(燃え尽き症候群)にどう対処するか~:今村耀さん(ユーフォニアム奏者)へのインタビュー

 

「悩みなんていうのは話したら半分解決したようなもの」~バーンアウト(燃え尽き症候群)にどう対処するか~:本橋隼人さん(テューバ奏者)へのインタビュー

 


今後自分の活動において、いざという時に助けてくれそうな言葉がある記事などございましたら、ブックマークなどしておいてみるのも良いですし、テキストをコピーしてスマホのメモアプリなどに保存しておくのも良いと思います。(個人での利用に限ります、文章や画像の無断転載は原則禁止です)

 

 

ではまた!