吹奏楽情報サイトWind Band Pressの裏話

吹奏楽・管打楽器の情報サイトWind Band Pressの編集長、梅本がたまに裏話なんかを書くブログ。

YouTubeを使っているならその情報も一緒に出すと吉

こんにちは!

Wind Band Press編集長の梅本です。

 

ここしばらくあらためてWind Band Pressについてのお話をしていましたが、今日からはなるべく毎日その日の記事から得られた気づきのようなものを書いていこうかなと思います。

(特に何もなければ書かない)

今日の記事は下記ですね。

NHK FM「リサイタル・ノヴァ」:須貝絵里(オーボエ)(2018/7/22)

 

NHK FM「吹奏楽のひびき」:名サクソフォーン四重奏団 トルヴェール・クヮルテット(2)(2018/7/22)

 

【動画あり】オリジナルアンサンブル作品各種ほか:ウィンズスコア新刊情報(2018/7/20発売分)

 

ウィンズスコア様から頂いた情報からの気づきについて少し書いてみようかと思います。

今はほとんどの出版社がYouTubeを使っていますね。

ウィンズスコア様の場合は、情報提供時にYouTubeに参考音源を公開されていれば、提供していただく情報内にYouTubeへのリンクも含まれています。

これがあるとウェブメディアとしては助かりますね。訪問された方も発売情報と合わせてそのページで参考音源も聴けるので、サッと情報収集が可能になります。

なので(他の出版社さんから滅多に情報送られてこないですが)、出版社さんに限らず、情報提供の際にYouTubeリンクがあると、他のウェブメディアでも良い効果が得られるのではないかなと思った次第です。

あとはウィンズスコア様の場合はアレンジ作品が多いのですが、キチンと編曲者名も送ってくださるので、これも良いですね。

作品名、アーティスト名、作曲者名、編曲者名、品番、価格、そしてYouTubeリンク。

これだけ揃っていれば記事にも反応が出やすいです。

他の出版社・公演主催者の皆様もぜひご参考にされてみてはいかがでしょうか。